新着情報

推薦では特に大事

一般学力試験がないような入試スタイルの場合、志望動機は特に大事になってきます。書き方を間違えるとそれだけで不利になりますので、このサイトで準備を整えましょう。

志望動機で何を見られるか

人間性

学校側が志望動機で一番何をみたいのかというと、人間性という回答が一番はじめにきます。文章はその人の人間性や性格をよく表すといわれており、文章を読み慣れた人であれば、ある程度の判断ができてしまうのです。

論理的な思考ができるか

構成がしっかりしているか、相手にとって読みやすいような話の流れになっているかを見ることで、志望者がある程度論理的にものを考えることができるか判断します。

文章のレベル

志望動機の場合、凝った文章表現は必要ないですが、稚拙な表現にはならないように注意しましょう。文章をたくさん読んでいる人がおかしいと思わないレベルで作成することが必須になります。

独創性

志望者が自分なりの視点や考え方を持っているかどうかというのも学校側が見るポイントです。独創性があれば将来成功し、それが学校側の名誉にも繋がるからです。

協調性

学校生活をする上で最低限の協調性を持っていることもかならずアピールしなければなりません。独り善がりな志望動機は書かないように注意しましょう。

志望動機を書くときのポイント

no.1

構成を分ける

ランキング第一位は構成を分けるというポイントが選ばれました。構成が分かれていない志望動機は読みにくく、評価も下がってしまう傾向にあるようです。

no.2

難しい表現は使わない

ランキング第二位は難しい表現は使わないというポイントになりました。志望動機は基本的に自分がその学校に入学して頑張りたいという熱意を伝えるものです。難しい表現はあまりふさわしくありません。]

no.3

伝えたいポイントを絞る

ランキング第三位は伝えたいポイントを絞るというものになりました。要点は2~3以内に抑えましょう。要点が多すぎて読みにくいという文章になってしまわないように注意するといいです。

no.4

自分の考えを盛り込む

ランキング第四位は自分の考えを盛り込むというポイントでした。他の志望動機と同じような書き方で、独創的なアイデアも持っていないという人のものは印象に残りません。自分なりの考えをかならず盛り込みましょう。

no.5

文末表現に気をつける

ランキング第五位は文末表現に気をつけるというポイントが選ばれました。どの文章にもいえることですが、同じ語尾が連続する文章はとても稚拙に見えます。同じ語尾の連続は2回までにしましょう。

[PR]

志望動機の書き方を見てみよう★
合格したいなら必見!

重要な志望動機

学生

志望動機は面接にも影響

面接官も志望動機を読むので、志望動機は面接の印象にも大きく影響します。志望動機のできが良ければ、面接でも高得点を取れる可能性が上がるのです。

書き方を学べば必ず上達

志望動機は書き方を学んで何度も書き直せば必ずいいものがかけます。このサイトで知識を入れて、時間をかけて丁寧な文章を仕上げましょう。

広告募集中